地球の走り方TOP > 特集 > モンゴル国際マラソン大会モニターレポート

【モニター募集!】モンゴル国際マラソン大会モニターレポート

モンゴル国際マラソン大会 モニターレポート

モンゴル国際マラソン大会にモニターとして参加し、
見事女子ハーフの部で日本人初の3位入賞を果たした
『檀野裕美さん』の体験レポートです。

今回、「地球の走り方」のモニターとして
第14回モンゴル国際マラソンのハーフ部門に参加させていただきました。

初めてのモンゴルでしたが、ツアーでの参加でしたので
モンゴル滞在についての詳しい注意書き等の資料も事前に頂け
特に不自由なく楽しく過ごすことができました。

レースは1km、3km、5km、10km、ハーフの5種目で、全種目一斉スタートです。
直前にとてもざっくりとしたコース説明があり
「4箇所のポイントを目指して走るんだよ」ということでした・・・。
こんなので走れるのだろうかとかなり不安を感じましたが
ただ広い草原の道なき道も案外何事もなく走れました。

わたしたちが走っていることなどお構いなく馬や羊の群れがコースを横切ったり
足場が悪いなと何気なく下を見たら・・・家畜たちの落としものだらけだったり
日本のレースでは考えられない「おもしろハプニング」がありました。

この日は乾燥した晴天で、気温は40度近くまで上がったそうです。
さらに高地で空気も薄いように感じました。

初めのうちは気持ちよく走れたのですが、後半だんだんきつくなりました。
アースマラソンの寛平ちゃんもこんな所を走っていたのかなと考えながら
モンゴル&日本の皆さんの応援を受けて元気に走りきることができました。
言葉が違っても応援がうれしいのは世界共通ですね。

1周5kmの草原を4周して無事にゴール。1時間58分かかりました。
ハーフにしては少し距離が短い気がしますが・・・それもまたモンゴルらしさです。

結果は・・・見事3位入賞!!
日本人の入賞者は今回が初めてだったそうです。
とても大きなトロフィーとメダルを頂き、とても嬉しかったです。
なんと賞金(3万トゥグルク)まで頂いてしまいました。

そして、優勝者への賞品が「馬1頭」というのは本当でした!
次回はぜひとも日本のランナーに馬をゲットしてもらいたいです(笑)

フィニッシャーズパーティーでは羊バーベキューが振舞われました。
実はレース後体調が優れず、食べられなかったのがとても心残りです・・・。

給水所は2箇所(1周目と4周目)でペットボトルが1本ずつありましたが
今回のような天気では、自分用のボトルを持って走って正解でした。
荷物等は移動時のバス内で管理をしてくれたので、貴重品も安心して預けられました。

申し込むだけで一苦労して、自己記録を求めて頑張る
日本の市民マラソン大会とは全然スタンスが違いましたが
モンゴルの大自然と人々の温かさを感じた、とてもよいレースでした。